ローバーミニのボディーカラーでアイスブルーは人気色かつ希少価値が高い

こんにちわ。妄想MINIGEEK隼35です。

ローバーミニの魅力についてやっぱりボディーカラーの豊富さとどんな色でも合うフォルムですよね。

そこで、今回は人気色で希少価値の高い「アイスブルー」についてまとめます。

ローバーミニ「アイスブルー」の歴史

ローバーミニは1960年代に産声を上げました。
当時のトレンドとして

「ビートルズ」であり、レディースファッションは「ワンピース」のようです。

そして当時の流行色が「シャーベット・トーン」

このシャーベットトーンの水色をローバーミニに取り入れ、人気色となったようです。

今だとこのくすんだ感じの色合いを「レトロカラー」と呼んでいますが、当時はトレンドカラーでした。

ローバーミニの代表カラー「レッド」「グリーン」の登場

しかし、1968年にメキシコオリンピックによる「メキシカンカラー」がトレンドとなりました。

メキシカンカラーはメキシコ国旗のカラーのように「赤・緑」を中心に

明るい・原色・ビビットなイメージの色合いです。

アイスブルーが登場した「シャーベット・トーン」とはイメージが全く違う「パワフル」ですね。

その為、アイスブルー色の生産量が少なくなり、「赤色」「緑色」など明るい色のボディーカラーが生産されるようになりました。

その為、「アイスブルー色」のローバーミニは当時にとっては「時代遅れ」の色だったかもしれませんね。

「レトロカラー」がトレンドに。同時にアイスブルー復刻

ファッションの周期は20年周期と言われていますね。
現在は1990年当時流行したオーバーサイズシャツやライン入りパンツ、大きなロゴアイテムがトレンドですよね。

またレトロカラーも「なんか懐かしいかわいい色」としてトレンド入りしています。

ミニのアイスブルーも2017年「復刻」しました。

しかも限定400台数です。

希少価値が高く中古車として需要あり

このアイスブルーのミニですが、中古車でたまに販売しています。

価格は通常のカラーよりも高めに設定されているのは、やはり希少価値が高いからでしょう。

もし、アイスブルーを購入したい場合は、首を長くしていい個体が販売されるのを待つか、専門中古店でペイントをしてもらうかの2択しかないかと思います。

ローバーミニも「アイスブルー」も希少価値が高いですが、BMWミニの「アイスブルー」も限定車の為、いい個体が見つかったらチェックしておいた方がいいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました