ローバーミニの故障しにくい取扱い説明

ローバーミニの故障しにくい方法

よく車の事が良く分からない・・・。という方に説明する方法として、

「車を人間として考えてみるとわかりやすい」と伝えています。

  • エンジンオイルは血液
  • エンジンは筋肉

的な感じですね。

ローバーミニを人間に例えると、

青春バリバリの10代ではないと思います。

ちょうど60年が経ったので、60歳代の人間として考えてみると色々と分かりやすいです。

そして、ローバーミニの取り扱いで、重要な事は、

暖気運転

優しいシフトチェンジ

です。

暖気運転とは

暖気運転は、エンジンをかけてすぐに発進または、急加速を行わない事。そして、エンジンが温まるまでは、3千回転に抑えて走るという事です。

ミニを60歳代の男性と考えて説明します。

冬の寒い朝、急に起こされて目覚めの水も飲めず、いきなり100メートルダッシュをしたら、どうですか?

心臓バクバクいいますよね?体痛くなりますよね。呼吸もつらくなります。腰も痛くなります。

そして、通常のパフォーマンスで走れませんよね。

暖気運転は目覚めた後、顔を洗って、うがいして、ラジオ体操をしてから、ゆっくりジョギングをする。そして体が温まってから、100メートルを走る。

という状態なのです。

車なので、「しんどいよ、やめてくれー」とは言えませんが、そのような運転をしていると、ガタがすぐきます。

これはローバーミニに限った話ではなく、車全体の話ですので、明日の朝は車をゆっくり起こしてあげてください。

 

タイトルとURLをコピーしました