ローバーミニの中古車の相場

レストアという概念

よく中古車サイトに

「部品取りとして使用可」

という文言がありますが、

この部品取りですが、

レストアの為の個体という感じですね。

レストアは、老朽化などの理由により劣化もしくは故障した、自動車、オートバイ、鉄道車両、航空機、時計、ラジコンモデル、ゲーム機等を修復し、復活させること。

Wikipediaより

です。

走行不可な個体の良い部分のみを利用するとのことです。

例えばエンジン、フレームなど、個体によりどの状態がいいのかは不明ですがその個体でまだまだ使用できそうな部品を持ち寄り、一台の走れる車に仕上げる

という感じですね。

この部品取りの車はほぼほぼ走行が困難なので、走れる一台!!と思っている方は安いからと言って手を出すと補修代にたくさんの出費がかかるかもしれません。

 

自分の好きなタイプがラインナップされている中古専門店

中古車サイトを見ると、ミニだけを売っている会社さんもあれば、別のメーカー、車と一緒にミニも売っているという会社さんもあります。

比較的、後者の方が、価格は安い傾向があります。

この場合の注意点として、

  • 全オーナーの趣向がそのまま残っているので、自分の好きなミニのタイプがどうか?
  • メーター改善されている(センターメーターなど付け替えた場合)は走行距離が不明である。
  • ボディーのサビや穴がないかの確認が必要

です。

安価(50万円以下)で購入しても雨漏りする個体だったら、修理にかなりの費用が掛かります。

 

タイトルとURLをコピーしました